眼精疲労の対処方法

眼精疲労に対する最良の対処方法は、眼精疲労が起こらないようにすることですが、もしすでに起こっている場合は、いくつか対処方法があります。以下にそれをいくつか示します。

眼精疲労の対処方法:目をしばらく閉じる

かなり難しいことですが、昼と夜の間にできるだけ多く目を閉じていることが大変有効です。
日中、目が痛み始めた場合は睡眠マスクを使用すると良いでしょう。
マスク内部にエッセンシャルオイルが施してあるものもあります。
※ただし、アレルギーがあったり、精油に反応して悪化する可能性がある持病を持っている場合は注意が必要です。同様に、顔用クリームを使用する際にも注意が必要です。知らないうちに目に染み込んでいる可能性があります。

眼精疲労の対処方法:睡眠をとる

睡眠は体を癒す時間であり、自然と目に安らかな時間が与えられますので、最適な対処方法です。眼精疲労は、朝目覚めた後はスッキリしていても、時間が経つにつれて症状が悪化することが多いと報告されています。

眼精疲労の対処方法:蒸しタオルや温熱パッドを当てる

蒸しタオルや温熱パッドを押しつけずに、目に添えることで痛みを和らげることができます。実際に、この方法が他の鎮痛剤よりも効果的であるとの報告もあります。前述のように、熱で筋肉がリラックスできるようにし、目の自然潤滑を促すためと考えられます。

眼精疲労の対処方法:照明を暗くする

強い照明は目に良くありません。照明を暗くするか消しましょう。これは非常に効果的です。

眼精疲労の対処方法:冷たいタオル

蒸しタオルの方法と同様に目に冷たいタオルを当てるのは、疲れ目のために目がしみる人に効果があります。疲労のため多くの血が目を通過する場合は、冷やすと腫れがひくこともあります。鼻詰まりや微熱がある場合も目の疲れが悪化することがあるので体を冷やすに越したことはありません。

眼精疲労の対処方法:水分補給

水をたくさん飲みましょう。お茶、コーヒーやコーラなどのカフェインを含む飲料はは控えてください。

眼精疲労の対処方法:目薬

人工涙液の使用でも効果が得られます。いくつか購入し、試してみると良いでしょう。点眼剤にはひまし油が含まれているものがあり、一部の人に副作用を引き起こす可能性があります。アブラギリ、アマナズナ、トウモロコシ、またはオリーブオイルで作られている涙液を使用することをお勧めします。

眼精疲労の対処方法:首のストレッチと顔のマッサージ

頭と首の筋肉が緊張している場合は、眼精疲労の原因となっている可能性があります。肩をゆっくり回転させると、肩をかなりリラックスさせることができるといわれます。

眼精疲労の対処方法:コンタクトレンズをつけたまま寝ないこと

つけたまま眠ってしまうと、目を余計に疲れさせ乾燥させてしまいます。

結論

ほとんどの人には、眼精疲労のひどい症状はみられませんが、視覚があって当然と思わないことです。目はとても重要です。休憩をとって、すこし休みましょう。眼精疲労を防止することは難しいことではありません。症状がひどくなると地獄です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする