眼精疲労による頭痛への対処方法

長時間特定の仕事に集中している間、またはその後に激しい頭痛を感じる場合は眼精疲労頭痛を患っているのかもしれません。

眼精疲労を患う人の例:
・長時間コンピュータの前で仕事をする人
・テレビを至近距離で見る人
・至近距離でビデオゲームをする子供

眼精疲労の症状:
・視界がぼやけたり、ものが二重に見える
・涙目
・激しい頭痛
・ドライアイ
・両目の痛み

眼精疲労による頭痛は毎日の活動に支障を与えます。失明のような重い目の病気にかかる前に、迅速な対処が必要です。自然に眼精疲労の頭痛を克服する方法がインターネット上で多く見られます。

ここでは症状を抑えるための効果的な解決策のベスト3を挙げます。

1. 長時間仕事をするときにはコンピュータ画面に近づきすぎないように、またテレビを長時間近くで見ないようにしましょう。また、適切な照明のもとで作業するよう心掛けてください。

2. コンピュータで仕事をしているときは10分毎に目を休ませましょう。約10メートル離れている物を見てください。パーミングという目の運動で、1時間ごとに目の筋肉をリラッスさせます。両手をこすり合わせて手を温めて、そっと目の上に手のひらを置くと、目がリラックスしているのが感じられるでしょう。

3. ビタミンA、C、Eを摂取すると視力が向上します。ブロッコリー、脂肪の多い魚、柑橘類、アーモンドやビルベリーなどが自然に視力を向上させる食品の例です。

上記の運動を繰り返すことによって、良い結果が現れるはずです。80歳の老婦人でも目の運動で効果が得られた例があります。この老婦人は数ヶ月の運動で両目の視力が2.0にまで回復したそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする