眼精疲労による頭痛とその自然治療法

眼精疲労の頭痛は目を酷使すると起こります。目への負担を軽減し排除することで頭痛を防ぐことができます。

目の負担を軽減する方法はいろいろなありますが、まずはじめに何が原因かを調べてみましょう。
以下のような原因が考えられます。

* 定期的に目を休めることなく、集中して作業をする(コンピュータ、読書、勉強、縫い物など)
* 目の運動の不足
* 健康的な食事の欠如
* 自然日光の不足
* 蛍光灯下での作業

眼精疲労の頭痛をなくすために、今すぐにとるべき長期的な解決策は、食事を改善することと、もっと自然の光に当たることです。

効果がある中期的解決策は、定期的に目の運動をすることです。
最初に、約10分ごとに集中して見つめているところから目を離して、遠くを見ます。視点を変えることで目の運動になり、目の疲れが和らぎます。

次に、上下左右に目を動かしたり、目で円を描いてみたりしてください。小さな動きから始めて、気持ちが良くなってきたところで、すみずみまで目が回るようにしましょう。

パーミングも効果があります。目を閉じて、その上に、手をコップのようにして置きます。不快にならない程度に、できる限り長くそのままの体制を保ってください。毎日少しずつ長くていきましょう。

頭痛と眼精疲労のどちらにも効く一番良い短期的な解決策として、サプリメントを摂ることもいいでしょう。頭痛を和らげるのに効果があるサプリメントも市販されています。

症状が良くならない場合は、専門医の診察を受けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする