眼球が痛い、頭痛がする

頭痛は誰にとっても憂鬱なものです。しかし、残念ながら頭痛は日常良く起こることです。頭痛のもとはたくさんあります。風邪やインフルエンザにかかると頭痛を感じる人もいれば、ストレス、二日酔い、脱水症状などの理由から頭痛になる人もいます。しかし、コンピュータを長時間眺めた後で頭痛が発生している場合は、頭痛が目の疲れからきている可能性があります。

でも心配することはありません 。この手の頭痛は全く深刻なものではなく、予防や手当てが可能です。眼精疲労からくる頭痛のための治療法はありませんが、頭痛やそれらに付随する他の症状を回避する方法があります。

目の疲れは、長い時間特定の作業で何かを見る人にとって共通の問題です。例えば、本を読むこと、コンピュータでの作業、長時間の運転などが眼精疲労の原因となります。会社や自宅のテレビの前で、日常生活を行う上でこのような疲労を感じることがあります。

多くの人が眼精疲労を患っていながら、それに気づいていません。以下に挙げる症状のチェックリストで、自分が影響を受けているかどうかを確認してみてください。

眼精疲労の症状

目の下が痛い、まばたきすると痛みを感じる

目がしょぼしょぼしたり、まばたきするのに痛みを感じる場合は、目の疲れに苦しんでいる可能性があります。目の痛みや疲れが最も一般的な眼精疲労の症状です。

目が乾燥し、かゆい

眼精疲労のもう一つの一般的な症状は目の乾燥、ドライアイです。長時間の作業に集中するときは、通常よりもまばたきの回数が少なくなるので、目が非常に乾燥してしまいます。たいていの場合は、人工涙液を使用すれば良くなります。

涙目になって眼がかすむ

もうひとつの症状は、乾燥の全く反対の涙目です。かゆかったりしみたりすることはないにしても非常に厄介です。

画面から眼を離すと、ぼんやり何かが見える

コンピュータ画面上の文字や画像を見続けた後、画面から眼を離したときに残像が見えたとしても心配することはありません。これは眼精疲労の症状で、あなたがおかしくなったのではないのです。

目が疲れて頭痛がする

視覚と目に関わること以外にも、仕事をする上で頭痛を感じることがあります。これらは眼精疲労の頭痛として分類され、上に述べたいずれかの症状を伴うことがあります。

目が光を敏感に感じてチカチカする

これはテレビやパソコンの画面を長く見つめ過ぎたときになります。

目が疲れ、首が痛く、肩こりもある

これも目が疲れているためにでる症状です。

仕事や自宅でこれらの症状が現れたときは、目を休めてコンピュータの画面やテレビなどから離れるのが最も良い方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする