眼精疲労の症状 – 原因を把握し眼精疲労を早期に治す

目の筋肉も体の他の筋肉と同様に扱う必要があります。目の筋肉はデリケートなので体の他の筋肉よりも、慎重に扱わなければなりません。そして、体の他の筋肉と同様に疲労の対象となります。
厄介な眼精疲労の症状を緩和するための方法を学ぶ前に、まず眼の症状の兆候を知っておきましょう。

次のような症状がある場合は、眼精疲労を患っている可能性が高いと考えられます。

– 目がかすれる
– 軽い頭痛がする
– 眼球が痛い
– 目を回すと痛い
– 光に対して敏感である

では、眼精疲労の症状にどのよう対処すればよいのでしょうか?

目は体の筋肉と同じように扱う必要があると述べましたが、目にもエクササイズと休養が必要です。上記の症状に気が付き始めたのであれば、あきらかに目に疲労を感じている証拠です。しかし、慌てる必要はありません。容易に対処できます。

眼精疲労を和らげるためのエクササイズ

目の負担を減らすのに最初にすべきことは運動です。目を時計回りに回してから、つぎに逆の反時計回りに回します。
それから、遠くの物に焦点を当て、眼の上を3本の指でそっと押して、しばらくそのままの状態でいます。

長時間の激務の後はリラックスする

あなたの目をリラックスさせましょう。目をリラックスすることは、眼精疲労に早期対応する方法のひとつです。
特に、コンピュータ画面の前で長時間作業する人には最適です。暗闇をイメージしながら約4分間、温かい手のひらで目を覆うようにしましょう。瞑想やヨガは、大切な目だけでなく、体と心をリラックスさせる優れた方法です。近くのヨガや瞑想のクラスに参加したり、実用書を読んで方法を学ぶことができます。あるいは、最近ではYoutubeにも多数の動画がアップロードされていますので、じっくり動画を見てください。書物で読むよりも分かりやすいかも知れません。

十分な睡眠をとる

また、睡眠も間違いなく眼精疲労を軽減する方法のひとつです。
いい結果が得られるよう、暗闇の中での睡眠を増やしましょう

以上のような方法により、効果的に眼精疲労の症状を軽減できるはずです。

適切に処置しないまま放置しておくと、眼精疲労が体に害を及ぼし、視力低下を招く可能性があります。

眼精疲労の症状とその原因、そしてそれらを回避する方法を検討してみましょう。

毎日ほんの数分だけ時間をとり、いつでもどこでも行うことができる簡単な目のエクササイズを行って、クリアで健康的な視力を維持するよう心掛けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする