コンピュータを使うと起こる眼精疲労

眼精疲労のような視覚の問題は、目の筋肉を酷使したために起こることがあります。眼精疲労は長期間、眼筋を一箇所に固定したときに生じることがあります。

目を酷使する行動とは、読書、テレビ観賞、コンピュータ画面を長時間見続けるなどです。

洋裁師、デザイナー、コンピュータ技術者など、物体を長時間見続ける必要がある職に就いている人は、目の疲れを患う傾向があります。読書量が多い医学生、弁護士、科学者、研究者なども同様です。

目の中の筋肉が引き締まると目を刺激します。その結果、非常に違和感が生じ、眼精疲労を引き起こします。時々5分間休憩すれば目のためになります。

眼精疲労が起こるのは、照明が不適切、コンピュータ画面の反射光が過剰、コンピュータ画面の位置が悪い、画面に表示される資料が読みにくい、などによるものです。
眼精疲労には、眼球の内部と後部で目の痛みを感じる症状が伴うこともあります。また、頭痛や目の倦怠感を伴う場合もあります。かすみ、ドライアイ、目のかゆみが生じたり目がしみることもあるでしょう。

このような症状が出たときは目の損傷を防ぐために、一度眼科医を受診し、目のエクササイズの指導を受けることが大切です。目の疲れがコンピュータの画面を長く見続けたために生じている場合は、画面のコントラストを調整すると良いでしょう。また、画面の反射光を避けるために画面の位置を設定し直してみてください。

屋外ではサングラスをかけるようにしましょう。

照明で目を痛めないようにオフィスの内装や配置を変えてみてください。目の筋肉をリラックスさせるために、時々視線を移動したり焦点を外すこともおススメです。

目を回したり、きつく目を閉じるような目のエクササイズも目の疲れを和らげてくれるでしょう。

コンピュータの画面がきれいで、傷がないかどうかも必ず確認してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする