眼精疲労を避ける方法



眼精疲労は、現代社会で一般的なトラブルです。痛み、疲れ、乾燥、かゆみ、涙目、首の痛みや頭痛に苦しんでいる場合は、目が疲れているかもしれません。このような症状は、読書、車の運転、コンピュータ作業など、長時間何かを見つめているときに起こることがあります。

あなたが眼精疲労の症状に苦しんでいるのであれば、目の負担を軽減するために、以下の眼精疲労対策を検討してみましょう。

眼精疲労対策1 ― 照明を変える

眼精疲労の主な原因の一つが照明です。照明が明るすぎる場合は、目に過度の負担がかかります。光が弱過ぎる場合も、目の疲れを引き起こす可能性があります。

これらの症状を回避するための鍵は、バランス良く作業を行うことです。

集中して作業を行うときは、手元の照明を適度な明るさにすることが大切です。コンピュータ画面に直接強い光を当てないようにしてください。

テレビを見ているときは、室内とテレビ画面の明るさの差が大きすぎると目に負担がかかるおそれがあるので、室内に少し照明をつけましょう。

読書をする際は、背後から直接光を当ててください。

外で作業したり運転しているときは、目を強い太陽光から保護するためにサングラスを着用しましょう。

眼精疲労対策2 ― 休息とリラックス

目を休ませましょう。もちろん、仕事でコンピュータを使わなければならない場合は、難しいかもしれません。しかし、眼精疲労を避けるために、1時間に5分の割合で目を休ませるよう心掛けてください。

たとえば、電話をかける、明日の予定を書き出す、仕事を整理するなどです。また、リラクゼーションエクササイズをしてみるのもいいでしょう。机に肘をついて、手にひらを上向きにし、体重を前にかけて頭を手の上に乗せます。深呼吸し、手のひらの圧力で目の痛みを和らげてください。

眼精疲労対策3 ― 病院で診察を受ける

眼精疲労が治らない場合は眼科で診察を受けてください。目に何らかの異常が潜んでいないことを確認したり、メガネが必要か判断してくれたり、目の不快感を和らげるための目薬を勧めてくれるでしょう。

ほとんどの場合、このような眼精疲労は、自分のライフスタイルによって引き起こされる、ということを理解することが重要です。

しかし、場合によっては潜在的な眼の異常からくる症状ということがありえます。長時間集中していない場合でも痛みや複視など、何らかの症状が継続する場合は、必ず医師の診察を受けてください。

メガネの着用、緑内障や目の不快感の有無に関わらず、2年に一度は眼科で検診を受けることが必要です。

眼科医の診察によってさらに眼精疲労が和らぎ、明るい未来に向かって希望が湧いてくるでしょう。これらの対策を実施して、眼精疲労が起こらないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする